便利な低用量ピルの嬉しい効果とは

低用量ピルは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを含んでおり、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制することで卵胞の発育を抑制し排卵させないようにし、子宮内膜に働きかけることで受精卵の着床を防ぎ、子宮頚管の粘膜に作用して精子が子宮内に入ることを抑制する効果があり妊娠を防ぐため、確実な避妊方法です。
正しく飲み忘れがないように服用した場合の避妊効果はほぼ100%になり、女性が飲むのをやめることで自分で妊娠を選択することができる男性に頼らない避妊方法です。
低用量のものは副作用もほとんどなく、安心して服用することができます。
痛みがひどく日常生活に支障をきたす月経困難症や子宮内膜症の治療にも使用されています。
低用量ピルを服用すると避妊効果を得られるだけではなく、様々なうれしい効果もあります。
ホルモンが含まれている薬を1か月以上飲み続けることで生理を遅らせることができるため、生理周期を変更することが可能になり旅行などのイベントに生理がぶつかったら、と悩んだりナプキンを準備する必要がなくなります。
生理を28日周期にすることができるので、生理不順を治療することもできます。
生理時の出血量が少なくなるためナプキンを取り換える頻度が少なくなるため、授業中や仕事中などこまめにナプキンを変えることができない場合にも心配がなくなります。
出血量が減るので貧血になりにくくなることもあります。
子宮内膜の量を減らすため生理時の腰や下腹部の痛みが軽減したり、子宮内膜症の予防にも効果があるほか、長期間使用すると卵巣がんや子宮体がんのリスクが軽減することもわかっています。
子宮内膜が厚くならなくなるため子宮体がんになりにくく、排卵を止めるため卵巣に負担がかからなくなるため卵巣がんや卵巣嚢腫になりにくくなるためです。
エストロゲンを補充できるため、エストロゲンの減少によって起こる骨の密度の減少を防ぎ骨粗しょう症の予防にもなります。
ホルモンバランスを整え安定させてくれるので生理前にイライラなどの症状が出るPMSを軽くしたり、更年期障害の予防、男性ホルモンの影響によってできるニキビの防止にもなります。
精子の侵入を防いでくれる子宮頚管の粘膜の変化は細菌やウイルスにも効果があり、不妊の原因となる様々な感染症からも守ってくれる働きがあります。
妊娠を望むようになった場合には飲むのをやめるとすぐに排卵が再開し、妊娠することが可能になります。