低用量ピルの病院処方と体温上昇に気づき生理を乗り越える

月経周期は数え方が定められています。
月経の初日のことを月経周期の1日目として数えます。
そこから、次回の生理の前日までの日数を月経周期と呼びます。
一般的に1周期が28日前後である方が多いため一つの目安とされていますが、およそ25日から45日周期で定期的に生理があれば正常な範囲内であると言えます。
月経出血の持続期間は、3日から7日程度が一般的とされています。
生理が開始し、およそ2週間で卵巣から卵子が排出される排卵が起こります。
排卵が生じると卵巣において黄体ホルモンという女性ホルモンが生み出され妊娠に備えます。
妊娠しなければ排卵からおよそ2週間で次の生理が訪れます。
女性の体温は、排卵が生じ黄体ホルモンが多分に分泌されることで体温上昇します。
この体温上昇を利用して排卵が生じているか、妊娠しているかなどという女性ホルモンのリズムを知るための方法が基礎体温法です。
基礎体温の測り方は、婦人体温計を用意し枕元に置いておきます。
朝、目覚めたら身体を起こすことなく横になったまま体温計を口に咥え体温を測ります。
測定後は、グラフに記録します。
できれば毎朝同じ時間に測るべきですが、時間が大幅にずれてしまった際にはコメントも加えて記述しておくと参考にできます。
この方法は、長い期間続けることに意味があります。
こうした記録をつけると、体温上昇のタイミングがわかるので月経が起こるタイミングを知ることができますし病院に行く際にも資料として利用できます。
月経前には、頭痛など心身ともに不安定になりますが病院で低用量ピルを処方してもらうことで改善できます。
低用量ピルは避妊薬であるものの、生理が要因の症状を緩和できるのです。
低用量ピルは病院で処方してもらえます。
副作用のリスクは低いものの、心配であるのなら問い合わせてみることも大切です。