初めて低用量ピルを服用する場合は婦人科で処方

近年は、デジタル化が急速に進んでいることも影響して、パソコンや携帯電話を使ってインターネット通販を利用する人口も、飛躍的に増加しています。今やネット通販で取り扱われていないものなどないのではないか、といえるほどの充実ぶりで、医薬品でさえネットで購入できるようになっています。ネットで薬が購入できるということは、受診料もコストカットでき病院に通わなければならない手間も省けるので、忙しい現代人には最適です。避妊薬として知られている低用量ピルも、ネットで購入可能ですが、やはりホルモン剤なので、初めて服用する場合は、きちんと婦人科を受診して、必要な検査を受けたうえで指導を受け服用を始めるようにしましょう。低用量ピルは、正しく飲めば副作用も少なく、高い避妊効果が期待できる素晴らしい薬ではありますが、婦人科系の疾患を患いやすい体質の方などには注意が必要で、初めて服用する際には性病検査や婦人科検診、血液検査も行われます。その上で問題がないと判断されれば、服用可能となり医師が処方してくれるので、勝手にネット通販で購入し飲み始めるというのは健康面においてもリスクが高すぎます。また低用量ピルにもいろいろな種類があり、自分の体質に合う、合わないもあるので、飲み始めたものの吐き気が止まらない、ニキビができる、むくみがひどいということも多く、その場合には医師に相談の上、違う種類の低用量ピルを処方してもらうこともできるので、自分に合ったピルが見つかるまでは婦人科へ通院することが望ましいでしょう。初めて服用する際に受ける様々な検査も、ピルを飲み続けている間は定期的に行った方が良いといわれているので、ネットで安く購入できるとしても検診は受けるように心がけましょう。