避妊薬の低用量ピルは太らないと言われています

女性が、自分の意思で妊娠をコントロールできる避妊薬として広く浸透しているピル、我が国日本においても数年前に低用量ピルが解禁になったことにより、より安全にピルを服用できるようになりました。それまで使用されていたピルは、ホルモン量も多く含まれていたので、避妊効果はもちろん優れてはいますが、その分副作用も大きく、太りやすくなったりむくみやすくなったりするので、女性が求める美しい容姿に逆らうものであり、服用したいけれども、醜くなるのは嫌だし不安だ、という声も多く上がっていました。しかしこの低用量ピルは、避妊効果はもちろん高いまま維持しながらも、ホルモン量は少なくなっているため、様々な副作用を抑えられるようになっているので、薬を服用してもむくみにくくなり、太らないようになっています。しかし、ピルそのものの働きが、身体を擬似の妊娠状態に持っていくということには変わりはないので、妊娠すれば女性は誰しも体重が増加してしまうことを考えると、太らないようにするには、増してしまう食欲をどうコントロールするかにかかっている、といっても過言ではありません。低用量ピルを飲んだから太る、太らないのではなく、仮にも女性ホルモンを含む薬を服用するのだから、身体は女性らしい身体を作るために、脂肪を溜めこもうと働くのは当然のことなので、その分食事はしっかり管理をして、必要以上のカロリーを取りすぎないようにすれば良いだけです。お腹が空くから本能のまま食べるというのは、ピルに関係なく美容と健康上においても良くないことなので、必要量のカロリーは取り、エネルギー消費もしていればまず太ることはないので、それほど心配するには及びません。